春の店舗装飾

看板とは

サインモールが考える「看板」とは

看板は、発信したい情報を形にしたものだと私たちは考えます。

サインスタンド、ポスターフレーム、POP立てなどのサイン表示は、無地の状態で設置されることはありません。必ず表示したい情報と一緒に掲げられます。言い換えれば、全てのサイン・インフォメーションにはメッセージが込められていると言えます。表示物を設置する方が知ってもらいたいメッセージ・情報が込められています。
店舗の店頭看板は通行人に対して、店内サインは利用客に、工場標識は近隣住民、駐車場サインはドライバーになど、込められるメッセージは、設置されるロケーション、見てもらいたいターゲットによって異なってきます。設置者のメッセージが正しく配信されキャッチされるためには、配信したい情報や用途に合わせて最適な看板を選択することが重要です。
サインモールではお客様一人ひとりの情報発信にマッチするサイン・ディスプレイ資材をご提供できるように多種多様な豊富な製品を取り揃えております。

看板の種類

看板の種類を知ると、販売促進が楽しくなります。そして、販促活動が楽しくなるとより効果のある情報配信・PRのアイディアが生まれ、店舗や売り場が賑やかに活気のあるお店作りをすることができます。

「季節に合わせて装飾を変えよう」、「セール時期だから目立つポスターを置こう」、「このスペースを有効に使えないかな」など、メッセージやロケーションを想像しながらサイン・ディスプレイを選ぶと購入後の失敗もなく、思い通りの宣伝活動が実現できます。と言っても、「どんな種類の看板を選んだら良いのか分からない」、「専門用語が多くて難しそう」「通販自体が不慣れ」「価格は安いのか」などネットショッピングに不安なお客様も多いかと思います。そんなお客様でも安心してお買い物をお楽しみいただけるように主な看板の設置ロケーションと種類をご紹介いたします。ご利用シーンは大きく分けて二種類に分かれます。

販促活動の一環としての看板の使用。お店のPRや販売促進、宣伝などの用途で使用する売上アップのための販促用途、もうひとつはインフォメーション、ナビゲーションなど直接的な販売促進ではなく誘導や注意を促す場合などに使用される案内サインです。安全標識や工事看板も含まれます。使用するロケーション・場面からイメージすると製品を選びやすくなります。

看板はお店の顔

店舗の商売繁盛に欠かせないお店を盛り上げる販売促進ツールです。飲食店などの 店舗であれば、「うちのお店を知ってほしい」、「一押しメニューや価格をPRしたい」などお店のアピールに様々なサイン・POPが使用されています。

A型看板

A型看板街中を歩けば必ず目にする飲食店や店舗の店頭で使われる定番のサインスタンドです。お店の一押しメニューやこだわりのサービスなどお店が通行人に対して見てもらいたいメッセージが込められています。また夜間も営業するお店であれば電飾看板もよく使用されます。明かりが付いてよく目立ち、お店が営業していることを遠くからでも確認でき、集客アップにつながります。店頭が明るくなるので飲食店の 他にも塾などでも好まれています。

のぼり旗

のぼり旗のぼり旗もりっぱな店頭POPです。「うちはこんなお店です」、「こんなサービスがあります」という店舗の特徴屋売りが一目でわかるように大きなデザインで通行人に訴求します。のぼり旗でアイキャッチをし、より細かな情報発信に店頭の看板で案内するといった具合にのぼり旗は他の屋外サインと合わせて並べるとより効果的です。のぼり旗カテゴリでは5000種類を超えるデザインをご用意しております。既成のデザインのぼり旗は価格も安く届いてすぐに設置していただけます。

また、店頭の壁面の高い箇所に空きがあれば、袖看板や突き出しサインなどの壁面サインを設置できます。歩行者だけでなく車のドライバーなど遠方でも視認性が高く、お店の店名やロゴマークなど読みやすいシンプルなデザインでお店自身を周知するするために使われています。

ポスターフレーム一方、目線の高さの壁面にスペースがあれば、店内でも屋外でもポスターフレームが効果的です。ポスターフレームはポスターを掲示する額縁で、お店のメニューを入れたり、季節限定のメニューやセールのお知らせなど時期によりポスターを入れ替えて店舗の活気を演出します。イーゼルスタンドに乗せれば壁面に取り付けなくても告知が可能です。

他にも店舗を盛り上げるディスプレイ資材を豊富に取り揃えています。店舗のコンセプトや客層に合わせてデザインを変えればお店のイメージをさらに高めることができます。

サインインフォメーションとしての看板

販促とは別にもう一つの大きな役割にサインインフォメーションがあります。
誘導や注意、禁止など利用者をスムーズに誘導し、安全確保や危険予防などに使用されるサインです。

カードケーススタンド

カードケーススタンド看板オフィスや各種施設のなどのインフォメーションの案内表示に便利なカードケース用スタンドやポールスタンドがあります。 カードケース用のスタンドは、表示内容をお持ちのプリンターで出力した用紙を差し込めるので簡単に表示物を製作でき、セミナーや企業説明会、面接会場の誘導や受付場所の案内など臨機応変に使用することができます。

ポールスタンド

ポール看板ポールスタンドは一本脚のシンプルなサインスタンドで、表示面が小さいので表 示内容が控え目になり、デザイン性の高い品のある表示を演出します。ホテルや施設の禁煙表示や順路案内、open・closeの案内など必要だけど極端に目立たせたくない時や施設の雰囲気を壊したくない場合に便利なサインスタンドです。

安全標識

店舗でも必ず目にする非常口マークやトレイマークなどの誘導サインや禁煙や駐車場の満空表示、駐車禁止や駐輪禁止などもサインインフォメーションです。

駐車禁止看板安全用品工場や建設現場、工事現場などではこれらの誘導標識、注意・禁止標識が様々な場所で利用されております。言語の壁を超えて一目で表示内容が分かるようにデザインされたピクト表示を始め、定番の火気厳禁や立入禁止、禁煙などの禁止標識は作業現場の安全を確保するために使用されます。また、工事現場の立て看板は周辺住民に工事内容を告知したり、通行人に工事を知らせ注意を呼びかけます。


素材の種類

看板を購入するにあたって気にすることはなんでしょう。見た目の形スタイルはもちろん、寸法サイズ、重量など、まずは施工や設置を意識して外見的にイメージとぴったりとなるかどうかをお考えになるでしょうか。そうした選択の際に意外に見落としがちなのが看板の素材です。同じ色遣いカラーの看板でも金属製と樹脂製では見た目も重量も違います。届いてからイメージと違ったというふうにならないよう、購入の際は材料のスペックも是非チェックなさってください。今日は、こうした看板に使われている素材について見ていきます。清掃やメンテナンスの際にご注意頂きたいことも併せて述べさせていただきますので、これから購入をお考えの方も、ご購入済みの製品がある方もご一読いただき看板のお手入れにお役立てください。


スチール

スチール

スチールは大雑把に云えば鉄です。丈夫ですし、マグネットが付くなどの利点があります。サインや看板で使われてるスチールは表面処理が施されているものがほとんどです。屋外用は特に錆を防ぐよう造られていますが、それでも表面の細かな傷から内部が腐食することはあります。日頃のケアは、水滴やホコリをこまめに取り除くことが一番です。鉄というと、つい強いイメージがあり、汚れも強く擦ってしまいがちですが、塗装やメッキをいたわり、たわし等で傷つけないことも大事です。錆が表面に浮いてきてしまった場合は、市販の錆取り剤で軽く磨いてそれ以上の錆の進行を防ぐようにしてください。


ステンレス(SUS)

ステンレス(SUS)

ステンレスは丈夫な合金で強靭な保護皮膜を持ちます。名前の通り錆しらずで耐食性に優れていますが、けして錆ないわけではありません。実際には、空気中の僅かな鉄粉が付着してそこから錆が発生するケースがほとんどです。メンテナンスとしては、この鉄粉を含んだホコリを取り除くことです。もし錆が付着してしまった場合は、極微量のクレンザーで拭きとることで錆を落とすことができます。ヘアライン処理のある素材に対しては、その方向に沿って磨くようにしてください。砂やホコリを払ってから作業を行ってください。


アルミ

アルミ

アルミはステンレスと同様に錆に強い材質ですが、ステンレスよりも柔らかい素材です。身近な例ではアルミ缶やアルミサッシを想像いただければと思います。一円硬貨もアルミ製ですし、最近ではスマートフォンの外装にもアルミが使われている場合があります。純度の違いや、鋳造と鍛造といった製法、加工でも削り出しなど様々な手法があり、用途や製品にあわせ軽さや強度の調整をします。実際のサイン看板に使われているものは、それに加え構造や形状等の工夫で強化がなされています。それでもある程度は表面の柔らかさはありますので、極力ぶつけたりはなさらないほうが良いかと思います。日頃のメンテナンスは他の金属と同様に、砂やホコリを払った後、水滴を取り除くように乾拭きをするだけで充分です。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ、拭き取るようにします。


木材・合板・集成材

木材・合板・集成材

木は水に弱い素材です。表面処理が施されていても水分は大敵です。水滴が残ったままで放置すると染みだけでなく、そりや割れの原因となります。またカビの発生や腐食にもつながります。サイン看板に使用される木材は耐久性のある処理が施されている場合が多いですが、日頃から水滴をこまめに取り除くことで永くご使用いただけます。ワックスがけで長持ちさせることも出来ますが、塗装や表面処理方法で合わないワックスもありますので注意が必要です。木材はそれ自体が経年変化で変色することもあります。それが木材の味とも云えますので、できるだけ大切に使っていただければと思います。


アルミ複合板

アルミ複合板

アルミ複合板は発泡材をアルミ等の金属でサンドイッチした素材です。主に看板の板面として使われます。軽いうえに強く、劣化しにくい特徴があります。加工も容易で、コツさえつかめば市販のカッターナイフで綺麗に断裁することもできます。耐久性が高く平滑性に優れているため、印刷やメディアの貼り合わせといった製作側の作業効率にも寄与します。表面に印刷を施して設置するだけでも看板として充分に機能します。防火性のあるものも販売されており、近年多くの現場で使用されています。よく耳にするアルポリ(アルポリック)などの名称は商品名です。汚れは拭き取るだけでほとんどメンテナンスいらずです。


アクリル板

アクリル板

アクリル板は看板材料として古くから使われている素材です。こちらも板面として使用され、内照看板にも多く使用されています。透明性と耐衝撃性に優れた合成樹脂で、その透明性を活かして水族館の水槽に使われるなど、いまなお加工技術も進化しています。看板に使われるものは乳半または透明の板がほとんどです。最近は少なくなってきましたが、様々なカラーで色付けされたアクリル板もあります。メーカーや製法によって特に表面の違いがありますが看板として日常で使う分にはそれほど意識する必要はありません。お手入れの際は表面を傷つけないよう、コンパウンドやクレンザー等の研磨剤は使わずに中性洗剤で洗うようになさってください。


塩ビ板

塩ビ板

看板の印字面に多く使われている材料です。薄いフィルム状のものから板状のものまでたくさんの種類があります。使い勝手がよく加工もしやすいことから内照看板への貼り合わせや保護材としても使われています。筐体として使用されることもありますので、詳細は下記、ポリ塩化ビニル・塩化ビニル(PVC)をご参照ください。


ポリカーポネート

ポリカーポネート

印刷メディアなどの粘着剤での施工に不向きなこともあり、看板の板材として利用されることはあまりありませんが、最近は表面加工が施された材料もあります。工業材としては、ABSの5倍の強度と云われておりプラスチックの中でも非常に堅く加工性にも優れていることから工業製品から日用品に至るまで幅広い用途に使用されています。身近な例ではスマートフォンの外装としても使われています。たいへん優れた素材であるのですが溶剤には劣化しますので、お手入れの際は通常の清掃程度に留めておくのが良いかと思います。


ポリエチレン(PE)・ポリプロピレン(PP)・ポリスチレン(PS)

ポリエチレン(PE)・ポリプロピレン(PP)・ポリスチレン(PS)

ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレンは、いずれも代表的なプラスチックで、日用品や緩衝材等、身の回りで多く使われている素材です。プラスチックですので熱にはやや弱いのですが、直接的に燃やす等しない限り日常生活の範囲では大丈夫です。小さな傷は、市販の補修材(パテ)で修繕が可能です。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ、拭き取る様にします。洗浄後は良く乾燥させてください。顔料が含まれていたり塗装されている製品もありますので、アルコールで拭く等、変色の原因となることは避けるようにしてください。

下記は一般的な特徴です。原材料はメーカー各社により製法が異なりますので、目安となさってください。

  • ポリエチレン(食品容器、キャップ、ポリバケツ等):防水性に優れる。
  • ポリプロピレン(フィルム、クリアホルダー、文具等):硬質でありながら折り曲げに強い。絶縁性が高い。
  • ポリスチレン(各種容器、プラモデル、玩具等):落下すると割れやすい。

ポリ塩化ビニル・塩化ビニル(PVC)

ポリ塩化ビニル・塩化ビニル(PVC)

一般に塩ビと呼ばれている素材です。水道管やサッシ、印刷フィルムや養生シート、玩具、鞄、衣類等、身の回りで多く使用されています。強度や柔軟性、耐水性、耐薬性等に優れており、使いやすさで用途が広がっています。軟質塩ビを他のプラスチック製品と接触させ続けるとブリード(移行)が起こることがあります。筆箱の中で消しゴムと定規がくっついてしまった経験があるかと思いますが、それと似た現象です。塩ビ製品を洗浄する場合は、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ、拭き取る様にします。廃棄の際は各自治体の条例に従い処理してください。


EVA樹脂

EVA樹脂

EVA樹脂は玩具やバスマット等にも使われる耐久性耐水性の高い素材です。低温下でも硬化せずゴムと似た性質を持っています(柔らかいです)。ストレスクラック(応力亀裂)に強い(曲げたりしても割れない)ので全体が破損することなく継続使用が可能です。水にも強く表面二次加工のない限り、水洗いが可能です。トルエンやベンゼン、シンナー等の溶剤系の洗剤を用いると劣化が早まります。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ、拭き取る様にします。洗浄後は良く乾燥させてください。


ポンジ(ポリエステル)

ポンジ(ポリエステル)

代表的な合成繊維のひとつでポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂を糸状にしたものがポリエステル繊維です。製造各社で様々な製法がありますが、洋服等に多く使われていますので、非常になじみの深い素材だと思います。ポンジもポリエステル繊維の一種です。種類が豊富で一概には云えないのですが、長期間たたんだままにしておくと折り目の線が付くことがあります。使われる染料も様々ですが、一般に色移りしやすい傾向があります。サイン看板用途で使われているものは、洋服とは違い、洗濯ネットを用いても洗濯機で洗えないことがありますので、あらかじめご確認ください。


ターポリン

ターポリン

ターポリンはポリエステル繊維を軟質塩化ビ(PVC)樹脂フィルムでコーティングしたビニール素材です。屋外で使える布素材として重用されています。印刷メディアとしての用途以外にも、縁日等で使われる簡易テントもターポリンで制作されている場合があります。英語のtarpaulinは防水布と訳され、元々テントやタープに使われる生地の意味合いでした。防水布ですので、水洗いが可能です。ただし、印刷物に関しては、使われているインクの種類にも因りますが洗剤は使わないようになさるのが良いかと思います。強く擦ると色落ちしてしまう場合がありますし、また、生地の密度に因っても強度に違いがあります。強く擦ることで表面のコーティングを傷つけ劣化が早まってしまうこともあります。

top