多言語看板の製作に。飲食店で使える英語表記まとめ

飲食店で使える英語表記のまとめ

外国人旅行者が来店されて慌てた経験はありませんか?
今回は飲食店を中心に看板やメニューなどの表示に使えるフレーズをまとめてみました。

海外から日本を訪れる観光客の数は概ね増加の一途を辿っています。
オリンピックの開催も決まり、今後さらなる増加が見込まれています。
私たちもそうですが、海外に行って一番困るのは言語に関することです。
言葉が通じない、標識・看板が読めない。などと言った点は知らない土地を訪れた時に一番不安に感じる点ではないでしょうか。

そこで、飲食店を中心に覚えておくと便利なフレーズやサイン看板に併記できる英語表記をご紹介いたします。

支払いに関する表示例

海外からのお客様に店舗で利用できるお支払い方法を案内することでトラブルも未然に防げます。特にクレジットカードの利用の可否などは看板やメニューの中に入れておくと親切です。

お支払は前金でお願いします。
Please pay in advance.

お支払いは日本円による現金払いでお願い申し上げます。
Guests are requested to pay in cash in Japanese yen.

お支払いは日本円による現金払いでお願い申し上げます。トラベラーズチェック、小切手、クレジット・カード等でのお支払いはお申し受けできませんので、あらかじめご了承下さい。
Guests are requested to pay in cash in Japanese yen. Please note that payment by traveler’s check, personal check or credit card is not acceptable.

クレジットカードが使える場合は、以下のように表示できます。

次のクレジットカードをご利用いただけます。○○○、○○○、○○○、・・・・
We accept the following credit cards : ○○○ , ○○○ , ○○○ , ・・・・

※⚪︎の箇所には店舗で契約しているVISA、MASTER、JCBなどのカードの種類が入ります。

VISAカードとMasterカードが使えます。
VISA and MasterCard are accepted.

お支払いは現金の他にカードによるお支払いができますが、利用できるカードはVISAカードとMasterカードです。
We accept either cash in Japanese yen, VISA and MasterCard.

また、海外ではお会計をキャッシャー(お店入り口のレジ)ではなく、テーブルで行うことも多いため、キャッシャーでのお支払いをお願いする場合は、以下のように表示すると良いでしょう。

お支払いはキャッシャーでお願いします。
Please pay at the cashier.

もしくは、テーブルで会計する場合は以下のように表示します。

お支払はお席でお願いします。
Please pay at your table.

消費税・サービス料に関する表示

消費税に関することやテーブルチャージ料、お通しを出す場合は事前にアナウンスする必要があります。毎度説明するのも大変なのでメニューの中に表記したり、店頭看板の中でご案内すれば説明の手間も省け安心です。

日本の法律に基づいて、消費税8%が記載されている価格に含まれています。
In accordance with Japanese law, a 8 % of consumption tax is included in the listed prices.

当店では、総飲食額に10%のサービス料を頂戴しています。
A 10% service charge will be added to the total amount of your bill.

お通しは500 円ですのでご了承下さい。
There is a customary cover charge of ¥500 which includes O-toshi, small appetizer.

当店の料金には、税金とサービス料金が含まれています。
Tax and service charge are included.

注文方法や利用方法に関する表示

セルフサービスの店舗の利用の仕方が分からないと困惑してしまいますね。入口付近に表示を掲げればスムーズに誘導することができます。

カウンターよりお好みの品をお選びいただき、キャッシャーにてお支払いください。
Please choose your dishes at the counter and pay at the cashier.

食券売場でお好みの品の食券を購入のうえ、席にお座りください。食券と交換で料理をお持ちいたします。
Please buy food tickets first. Then be seated, and your dishes will be brought to you.

お食事が終りましたら、食器はそのままテーブルの上に置いておいて下さい。後ほど係の者が片付けにまいります。
After your meal, please leave your dishes on the table. They will be cleared away later by the staff.

お食事が終りましたら、お手数ですが、食器類を所定の場所へご自分でお運び下さい。
After your meal, please bring your dishes to the indicated location(s).

その他、一般的に使えるフレーズ

当店で外貨両替はできません。
Currency exchange is not available.

ペットの持ち込みはご遠慮ください。
No pets allowed.

お酒に酔った方の入店はご遠慮ください。
Drunk guests are not allowed to enter.

チップは不要です。
No tip necessary.

飲み放題
all you can drink

食べ放題
all you can eat

おかわり自由
free refills

いかがでしたでしょうか。
今回は多言語看板ということで飲食店を中心によくある表示の英語表記について取り上げました。

ワンポイント:英語が分からない旅行者の方もいらっしゃいますので、ピクトサインやイラストなどを交えて表示するとより効果的です。

看板や表示物を製作される際に英語表記を加えておくと海外からのお客様を迎える際にも安心です。
サインモールではA型看板などの店頭用屋外看板から、店内のメニュースタンドや壁面に飾るポスターフレームまで豊富に取り揃えております。

外国人旅行者の方にも優しい店舗作りにぜひ、お役立てください。

引用・参照元

日本政府観光局(JNTO)ホームページ

外国人旅行者の受入れ 飲食施設における特別な留意事項

熊本県ホームページ

4カ国語による案内表示事例集 (PDFファイル)