今さら聞けない!?看板やメニューなど店舗で使えるQRコードの作り方(無料)

看板やメニューなど店舗で使えるQRコードの作り方

QRコードとは

QRコードは、株式会社デンソーが開発した二次元バーコードで、製造現場の管理・トレーサビリティ用途を経て、カメラ付き携帯電話の普及に合わせて広く一般化されました。

今ではJIS・ISOで規格化されて世界中で利用される定番の二次元バーコードとなっています。 また、JIS・ISOの規格に準じた使い方であれば誰でも無料で使用することができます。

看板への応用

店頭のスタンド看板や野立て看板など看板の表示面にQRコードを印刷するとプラスアルファの情報をお客様に提供することが出来ます。

  • 店舗ホームページの表示
  • 店舗への地図情報
  • 店舗で使えるクーポンページの表示

メニューや卓上POPへの応用

看板以外にもメニューや卓上のPOPなどにもQRコードの活用方法があります。

  • ホームページ上に掲載したメニューや盛り付け例の写真紹介
  • カロリー情報やアレルギー情報の表示
  • 英語などの多言語メニューの表示
  • FacebookやTwitter、食べログなどのSNSへの誘導

早速、作ってみよう

今回利用させていただくサイト様

QRコード無料作成サイト QRのススメ

http://qr.quel.jp/

QRコード無料作成サイト QRのススメ

QRのススメは、単にQRコードの作成が出来るだけでなく地図やアドレス帳など用途に応じたQRコードが画面の流れに沿って入力するだけで簡単に作成できます。基本的なQRコードは無料で制作できるので安心。何度でもやり直しができるので色々な情報のQRコードが作成できます。


URL(ホームページ)のQRコードを作ってみよう。

1QRのススメ トップページの「さっそく作る」ボタンをクリックします。

QRのススメTOPページ

2作成するQRコードが目的別に選択できる一覧メニューが表示されるので、今回は一番上の「URL(http://~)」の「作る」ボタンを押します。

QRのススメTOPページ

3QRコードが読まれた時に表示させたいホームページのURLをhttp://から入力します。今回はサインモールのURL,/を入力してみました。入力が終わったらOKボタンを押します。

QRのススメTOPページ

4完成。作成したQRコードはお使いのパソコンにダウンロードできますので、作成する看板やチラシにこちらのQRコードを貼り付ければQRコード付き看板の完成です。

QRのススメTOPページ


店舗の地図のQRコードを作ってみよう。

1QRのススメ トップページの「さっそく作る」ボタンをクリックします。

QRのススメTOPページ

2作成するQRコードが目的別に選択できる一覧メニューが表示されるので、今回は「高性能QRコード」から「地図のQRコード」クリックします。

QRのススメTOPページ

3地図用のQRコード作成画面が表示されますので、ステップ1の住所に表示させたい場所の住所を入力し、「探す」ボタンをクリックします。
下記は例でサインモールの所在地を入力しています。

QRのススメTOPページ

4入力した住所の地図が表示されます。地図左上の「+-」ボタンを押すと地図の縮尺の変更ができます。問題なければ「確定」ボタンを押します。

QRのススメTOPページ

5最後に地図のタイトル(必須ではありません)と作成するQRコードの大きさを選んで「作成する」ボタンを押します。

QRのススメTOPページ

6完成。店舗の地図情報が登録されたQRコードが完成しました。

QRのススメTOPページ

7上部で作成した地図QRコードをiphoneで読み込んだ所、以下のように表示されます。

QRのススメTOPページ


いかがでしたでしょうか。
今回はQRコードを使った看板製作について取り上げました。

今回紹介させていただきました「QRコード無料作成サイト QRのススメ」様では、ホームページURLや地図の他にも、「メール作成用QRコード」やフェイスブックやツイッターなどのSNSに最適な「クチコミ用QRコード」など無料とは思えないほどの豊富なQRコード作成メニューが用意されています。

ホームページへの誘導やクーポンキャンペーンの連動、店舗への地図やクチコミなど店舗の看板やメニューをパワーアップさせるQRコードで効果的な集客にお役立てください。