もう迷わない!? 壁紙の色に合わせたポスターフレームの選び方

壁紙の色に合わせたポスターフレームの選び方

ポスターフレームを購入するとき、皆様はどのような基準で選ばれているでしょうか。

予算や購入数量が決まったら、まずは設置したい場所にフィットする大きさを調べ、壁面材質や設置に関わる重量を見て、フレームのスタイルや色を決める、といった流れでしょうか。

ポスターフレームは、サイズに関してはA判B判ともしっかりとラインアップされています。それに加えて意外なほどカラフルな機種があるのを御存知でしょうか。

ポスターフレームはほとんどの場合、壁に設置しますので背景色になる壁紙や壁の色とのマッチングはポスターフレームを美しく際立たせる、もしくは浮かずになじませるには壁紙を意識した色選びは大切です。

今回は、そうしたカラー選択の際にご活用いただけますよう、様々なシチュエーションに応じた色選びをポスターフレームの定番ポスターグリップで見ていきます。

ポスターグリップとは

ポスターグリップ

ポスターグリップ(PGシリーズ)は、壁に設置した状態でも四辺すべてのフレームが手で開閉でき、本体を壁面から外すことなく製品前面から簡単にポスター掲示物の交換が可能な業務用ポスターフレームです。

ブランドとしての評価も高く、駅や公共施設などでも幅広く使われている信頼性の高い日本製の製品です。もちろん、商店やテナントでの使用、一般のご家庭での額装としても安心してご利用いただけます。

屋内用と屋外用があり、屋内用は背板に、表面が茶色、裏面が黒色のハードボード(集成材)を採用、屋外用は背板に白色のアルミ複合板を採用し下部フレームに水抜用穴加工が施されています。

どちらの製品も表面にビスなどがなく丈夫な構造のアルミフレームが美観を損なうことなく掲示物をしっかりとグリップします。そうした様々な景観にマッチする洗練されたフォルムに加え、豊富なカラーバリエーションから選べる点もポスターグリップの特徴のひとつです。


設置する壁や背景で選ぶ

実際にカラーを見ていきましょう(なお、ポスターグリップの中でもシリーズによってカラーラインナップが異なります。全11色のカラーラインナップが揃っているのは、PG-32R屋内用になります)。

壁の素材や柄、色彩で選ぶとしたらどの色のポスターフレームが似合うでしょうか。まずは下の写真で見比べてみてください(背景が切り替わります)。

カラーバリエーション

店舗等でよく用いられる白色系の壁紙では何れの色も似合います。白い壁に白いポスターフレームというのも清潔感があっておしゃれですし、光沢のある白ですからポップなイメージでも合います。

赤や黄色のフレームならさらに軽快感が増しますので、お店のイメージカラーや宣材に沿って選ばれても良いかもしれません。

少し落ち着いたトーンの壁面にはシルバーやゴールドも厭味なくマッチします。より金属感ある化研カラーのポスターフレームもあります。コンクリート打ちっぱなしの壁に合わせると適度なギャップがあって高級なイメージが際立つと思います。

ゴールド

木目柄を選ばれる時は背景となる壁とのトーンの差を意識されると良いと思います。壁の木目よりもポスターフレームの木目が少し濃いほうが全体のイメージが引き締まって見えます。

同じかポスターフレームの木目がやや薄い場合は、家具や調度品のように立体的に見えると思います。こうした額装のような使い方には木目柄のポスターフレームはピッタリです。

木目柄


ブラック(黒)はちょっと気を遣う色

飲食店のメニューを入れたり、イーゼルを使っての店頭告知など、お店の雰囲気にあわせたおしゃれなイメージを演出するにはブラック(黒縁)のポスターフレームは使いやすい色です。

そうした文字を含む掲示物なら万能と云えるかもしれません。一般に背景に黒を使うと写真がとてもよく映えるのですが、黒縁のポスターフレームを選ばれる際は中に入れる写真やポスターで少し気を遣われたほうが良いかもしれません。

特に人物の顔が大きく写っている写真などの場合、遺影のようなイメージが付いて回ります。人物写真でも動きのある写真ですと、そうしたイメージはだいぶやわらぎ、さながらテレビやモニタディスプレイのように見えたりもします。

ブラック


迷ったらシルバー

以前に当ブログでご紹介いたしましたが、シルバーは公共施設などでも多く使われている圧倒的に人気の高い色です。

景観を損なわずあらゆるシチュエーションに過不足なくマッチし、多くの人に受け入れやすい色として支持されています。

設置する壁面に対し何れの素材や色との相性もよく、主役のポスターを引き立たせて製品自体は主張しすぎない、シルバーカラーのポスターグリップは、そんな定番中の定番と云ってよい製品かと思います。


ポスターのサイズが合わないときは

設置済みのポスターフレームのサイズよりも入れたいポスターのサイズが小さい時は写真立てのように背景紙や縁枠を使ってみましょう。

背板にそのまま留めても良いのですが、カラーの模造紙を使ったり布や未晒のクラフト紙を使うのもおしゃれです。フレームよりポスターが大きいときは思いきって切り貼りするのも一手です。

大事なポスターはカットできませんが、複数ストックがあるならパッチワークして文字や写真を上手に並べると格好良く見えるかと思います。はみ出すくらいの勢いで手書きの吹き出しを加えるのもインパクトがあって良いかと思います。

サインモールでは定番の業務用ポスターフレーム「ポスターグリップPGシリーズ」を全11色で販売しております。カラーやサイズからも選びやすい専用ページをご用意しておりますので御入用の際はぜひご利用ください。

ポスターグリップ PGシリーズのご紹介

https://www.signmall.jp/lineup/poster-grip-pg/


店舗や展示会などでの掲示に便利なポスターグリップ専用スタンド「パネル用スタンドL-スタンド(A2/B2/A1/B1対応)」もご用意しています。

パネル用スタンド L-スタンド A2/B2/A1/B1対応 (L-Stand)

メーカー価格:OPEN

税込8,156

ポスターグリップ(Poster Grip)シリーズに最適です!パネルを効果的にアピール! 見やすい・使いやすい・ 価格が安い!


ポスターグリップは壁面設置だけでなく、イーゼルスタンドとあわせて使用しても、おしゃれでカッコイイ見栄えの看板になります。

イーゼルスタンドのラインナップ