効果的なのぼり旗の作り方

効果的なのぼり旗の作り方

効果的なのぼり旗ってどんなのぼり旗?

せっかくのぼり旗を作っても通行人やドライバーなど道行く人の目に止まらなければ意味がありません。
人の目は一か所にとどまることなく、常に様々なものに視点を合わせます。

止まっている時ならまだしも、歩行中や運転中では一瞬にして周辺状況を確認する必要があるので、のぼり旗をじっくり見る余裕はありません。

そんな時にも効果が出る目立つのぼり旗の作成方法があります。

あらかじめ、「じっくり立ち止まってのぼり旗を見る人はいない」と考えれば効果的なのぼり旗のデザインが導き出されてきます。


1のぼり旗、1デザインの法則

先ほどの話通り、通行人はのぼり旗の内容をじっくり見てはくれません。なので、一瞬でなんののぼり旗なのか分かるようにする必要があります。

つまり、ひとつののぼり旗にはひとつのメッセージだけを入れるということです。欲張ってあれもこれも訴求しようとのぼり旗に情報を詰め込むとかえってわかりづらくなってしまい、何も伝わらないことになりかねません。

店舗の売りが複数ある場合でものぼり旗にはひとつのメニューのみを表示します。

もし、お客様に訴求したい売りが複数あって、どれにするか決められない場合は、のぼり旗自体を複数枚に分けます。

あくまでも1のぼり旗、1デザイン。これが基本になります。


大きな文字でデザインしよう

のぼり旗は遠くから気づいてもらって、見てもらうことが条件になります。なので、遠くからでも内容が分かるように大きくわかりやすい文字のサイズにする必要があります。

どのくらい大きな文字を使用すれば良いかはどの程度離れた場所から、視認させたいかによって異なります。
一般的に以下の表が目安になります。

視距離 和文の文字高 英文の文字高
遠距離(40m) 160mm以上 120mm以上
遠距離(30m) 120mm以上 90mm以上
中距離(20m) 80mm以上 60mm以上
近距離(10m) 40mm以上 30mm以上
近距離(5m) 20mm以上 15mm以上
至近距離(1~2m) 10mm以上 7mm以上

※出典元 交通エコロジー・モビリティー財団「公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドライン」

平均的なのぼり旗の幅は60cm(600mm)ありますので、可能な限り大きな文字を配置することで遠くから見ても内容のわかるのぼり旗になります。

至近距離では10mmという文字サイズでも視認可能ですが、のぼり旗の場合、インクが生地に滲みますので紙に印刷したような鮮明さはありませんので、お勧めできません。
至近距離からしっかり読ませたい場合、写真などを盛り込んでレイアウトしたい場合は、A型看板などの他の屋外看板を使用すると良いでしょう。

のぼり旗はあくまでも、遠くの通行人や、車のドライバーに最初に気づいてもらう、「アイキャッチ」としてシンプルにすることが一番効果的です。


どんなデザインにすれば良いの?

今まで、「1のぼり旗、1デザイン」について説明してきましたが、では実際にどんなデザインにすれば良いのか、実際にのぼり旗のデザインを製作しようとすると迷ってしまう方も多いかと思います。その場合にヒントになるのは、既成デザインのぼり旗です。

既成デザインのぼり旗は、のぼり旗のメーカーが既製品として販売している旗なのでプロのデザイナーがデザインをしています。のぼり旗のメーカーにはのぼり旗を目立たせるノウハウや手法がありますので、どんなのぼり旗を作るか迷った際にはメーカーの既成デザインを参考にするのが良いでしょう。

ただし、そのまま真似てしまうと著作権に触れてしまいますので注意が必要です。あくまでもデザインのレイアウトや色味、手法などを参考にするのが良いでしょう。