飲食店様必見!「週末のぼり旗」で効果的に集客アップを実現するテクニック。3つの事例つき

飲食店様必見!「週末のぼり旗」で効果的に集客アップを実現するテクニック

のぼり旗はお店の元気印です。
せっかく立てたのぼり旗なら集客アップにつなげたいものですよね。

ということで、今回は、平日と週末という観点からのぼり旗の効果を高める方法について取り上げていきます。

皆様の店舗でも、平日と週末で客層に違いがあるということはないでしょうか。

例えば、ファミリー層が増えたり、学生が増えたり、などなど。

あるいは、注文されるメニューが変わったり、滞在時間が変わったり、ピークの時間が変わったりと平日と週末ではなんらかの変化があるのではないでしょうか。

ここに注目した集客アップのための効果的なのぼり旗の立て方があります。

それが、「週末のぼり旗」です。

週末だけ別ののぼり旗を立てる

平日と異なる週末に来店されるお客様の客層に合わせたのぼり旗を立てる、いわゆる「のぼり旗を出し分ける」手法です。

平日は平日のお客様(見込客)のニーズを週末には週末のお客様(見込客)のニーズに合わせて、のぼり旗を出し分けます。


ケース.1

平日は地元客、週末は観光客の場合

平日は地元客、週末は観光客の場合ののぼり旗の例

観光地や行楽地、レジャー施設の周りの飲食店やその途中にあるような幹線道路沿いの店舗、駅周辺の飲食店などは、平日に比べ、週末には観光に訪れる遠方からのお客様が増えるのではないでしょうか。

このような場合、

平日は、地元のお客様向け、週末は、遠方のお客様(観光客)向け

という風に、のぼり旗を変えることができます。

週末に遠出する観光客は、その場に行かないと見られないものや出来ないことなど、いわゆる「非日常」を味わいたくて出掛けるものです。当然、食に関しても同じで、「その場でしか食べられないもの」その土地の名物や名産のものに高い関心があります。

なので、週末向けのぼり旗のテーマは「土地のアピール」です。

同じ内容ののぼり旗でも「⚫︎⚫︎名物」や「⚫︎⚫︎産使用」などその土地の名前をフックに集客することができます。

もちろん、「⚫︎⚫︎産使用」とか「地産地消」などは、そうでない場合は使用することはできませんが、「⚫︎⚫︎名物」や「地元の味」などは店舗の判断で使用することができます。

平日には「土地のアピール」は不要

平日は地元のお客様がメインターゲットになります。その場合、「地元押し」は不要とまでは言いませんが、観光客ほどの関心はありません。平日はシンプルにメニューや店名、サービスを周知する方が適しています。


ケース.2

平日は日本語、週末は外国語の場合

平日は日本語、週末は外国語の場合ののぼり旗の例

観光地を中心に海外から日本を訪れる外国人観光客の数は年々増え続けています。それに合わせて看板や標識の他言語化もどんどん普及し始めています。

言語の壁を取り払うことは日本の文化やおもてなしを体感してもらうための第一歩になります。

これはのぼり旗でも実現できます。

週末に海外からの旅行客が多く訪れるような場合は、週末に外国語ののぼり旗を立てることで海外からのお客様に向けて店舗をPRすることができます。

平日は通常通りののぼり旗を立てて、週末には外国語ののぼり旗を加えます。

全部、外国語ののぼり旗に変えてしまうと国内の観光客の方が入りづらくなってしまうのでメインは日本語、サブに他言語というイメージでのぼり旗を立てれば、不自然にならず、外国人観光客の集客アップも実現できます。


ケース.3

平日はお一人様、週末はファミリー向けの場合

平日はお一人様、週末はファミリー向けの場合ののぼり旗の例

平日は「お一人様」の来店が多く、週末は「家族連れ」、「友達同士」など複数名での来店が多い店舗でも平日と週末にのぼり旗を出し分けることで、

平日は「一人でも入りやすく」、週末は「みんなで食べる」

を演出することができます。

例えば平日には、「お一人様歓迎」は分かりやすいですが、「カウンター席あります」や「気軽に楽しむ⚫︎⚫︎」などののぼり旗を立てることで、一人でも入りやすそうな雰囲気を作ることができます。

逆に週末は、家族や友人などをターゲットに「セットメニュー」や「料金プラン」など金額が明瞭なのぼり旗を立てたり、家族連れの場合、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんが来店するので、「座敷あります」や、「選べるメニュー」、「キッズメニューあり」などメニューの豊富さをPRするのも効果的です。


いかがでしたでしょうか。

今回取り上げたのは、週末が観光客、外国人観光客、ファミリー層の3パターンだけでしたが、街や周辺環境、業種業態によってまだまだ様々な「週末のぼり旗」が効果を出す組み合わせが無数にあります。

ぜひ、お客様の店舗でも活用されてみてはいかがでしょうか。

サインモールでは10,000点を超えるのぼり旗をご用意しております。また、オリジナルのぼり旗の作成も行っております。ぜひ、お客様が「週末のぼり旗」を思い付いた際にはサインモールにお声掛けください。

ご希望ののぼり旗を一緒に探させていただきます。

のぼり旗 一覧