1. 看板通販・製作のサインモール
  2. 看板ブログ
  3. 看板
  4. バナースタンド
  5. バックパネルのご利用事例シーンのご紹介

バックパネルのご利用事例シーンのご紹介

バックパネルのご利用事例シーンのご紹介

展示会や記者会見・インタビュー会場を始めとした説明会や発表会などの企業ユースから地域イベントやフォトスポット、背景幕まで大型の表示ができるバックパネルだからこそ実現できるダイナミックな演出は様々なシーンで重宝されています。

「こんな使い方があったんだ」と思ってもらえるようなバックパネルが活躍するロケーションの一例のご紹介です。

バックパネルが活躍するロケーション8選

展示会

展示会

多くの人がせわしなく行き交い、さらに様々なサイン・ディスプレイが設置されている展示会場では大型なサインが有効です。

様々なブースが軒を連ねる展示会場ではブースや出展内容に気づいて目を引き、立ち止まってもらうためのアイキャッチが必要になります。アイキャッチができる展示会用のディスプレイといえば、のぼり旗やバナースタンドなどの看板類が定番ですが、ブースの壁面を有効活用してもっとも大きなビジュアルで来場者にアピールできるのがバックパネルです。

バックパネルのアイキャッチ効果

2m角以上の大きな表示が可能なバックパネルに出展製品やサービスを大きく出力すれば遠くからも目を引くことができ、大きくインパクトのある演出が可能です。組み立て式なのでコンパクトに収納でき運送便で送ることも可能です。数日間しか開催されない展示会では搬入搬出のし易さも大切なポイントの一つです。

コンパクトに収納できて搬入搬出の手間も少なく簡単に組み立てられるのもバックパネルが展示会で人気の理由です。

会社説明会

会社説明会

会社説明会・企業説明会では来場者に企業に対してのイメージを高め、期待を持たせるような演出が必要です。求職者の方もそっけないブースは素通りがちになってしまいます。会社のブランドイメージを高め、さらに社名が目立ちインパクトのある施策にはバックパネルがオススメです。2mや3mある大型のバックパネルでは会社説明会の背景ボードとして非常に効果的です。

さらに、統一デザインされたテーブルクロス、椅子カバー、のぼり旗やバナースタンドなどと併用すれば会場ブースのイメージを飛躍的にアップさせることができます。

バックパネルの定番デザイン「格子柄」

会社説明会の定番デザインは上部に社名を入れて、その下は格子柄のレイアウトです。合同企業説明会など広い会場の場合でも遠くから社名が目につくようにまず大きく社名を入れて、その下には企業ロゴや社名のチドリの格子柄のレイアウトが人気があります。

製品パンフレットなどと違いデザインもロゴマークさえあればすぐに製作ができるので思ったより簡単にお作りいただけます。サインモールでもデザイン製作を承っておりますのでぜひ、お気軽にお問い合わせください。

企業イメージを高めるバックパネルでブースを彩りませんか。

地域イベント

地域イベント

大きく目立つバックパネルはイベント会場にもオススメです。地域のイベントではステージ会場で様々な催し物が開催されています。そんなステージにバックパネルがあるだけでイメージが格段にアップすることをご存知でしょうか。殺風景になりがちなステージの背景もバックパネルがあるだけで本格的なイベントへと早変わります。

人が集まる場所に中心地になります。

イベントの記念撮影スポットとしてもご活用いただけます。イベントのタイトルが大きく印刷されたバックパネルは看板としても目印になります。バックパネル什器は繰り返し使えますので毎年様々なイベントが催されても印刷幕を替えるだけでバックパネル什器は1台を使い回すことができます。

地域を盛り上げるイベントをさらに活気あるものにする大型のサインディスプレイ・バックパネルを次のイベントで活用してみませんか。サインモールではデザイン製作から承っておりますのでデザインが苦手の方でも安心して希望のバックパネルをお作りいただけます。

※バックパネルは一部屋外用商品を除き、大半の商品は屋内用です。屋外で使用される際には雨・風を避けて、ウエイト(重し)の設置や什器をロープで固定するなど転倒防止策を行っていただきますようお願いいたします。

新商品発表会

新商品発表会

企業にとって新商品発表会は非常に重要なシーンです。顧客や取引先、またはマスコミを招待して行う新商品発表会は企業ブランドを高め、新商品に期待を抱かせるような演出や仕組みが必要になります。

会場によっては大型スクリーンや回転ステージなど大掛かりな舞台演出もありますが、小規模な会場から広いホールまで特殊な機材がない会場でも簡単にそして本格的にステージ演出ができるのがバックパネルです。

写真に映り込む格子柄デザイン

定番のデザインは企業のロゴや製品・サービス名称などを織り交ぜた格子柄のデザイン。どの位置から撮影されても企業ロゴや社名が映り込むので写真がSNSなどで拡散された際にも広告効果が期待できます。また演出方法としてバックパネルの2mを超える大型な表示面に新製品の写真を印刷し、発表会当日は目隠しの布を被せておき、新商品の発表に合わせて目隠しの布を取るような演出も可能です。

定番の格子柄デザインの場合、ロゴデータをお送りいただければサインモールでデザイン(料金別途)案をお作りさせていただきます。見た目も大きく華やかで、会場の雰囲気を高めることができるバックパネルは新商品発表会のメインビジュアルとして重宝されています。

インタビュー会場

インタビュー会場

インタビュー会場・記者会見のステージ背景にはバックパネルが定番です。最近ではインタビューや記者会見・プレスリリース会場で必ずと言っていいほどバックパネルを目にするのではないでしょうか。特に企業名や団体名とロゴマークを使用した格子柄デザインは定番中の定番デザインです。

どの角度から写真を撮られても必ず企業名やロゴマークを写真に美しこませることができるので格子柄デザインは顔がアップで抜かれることが多いインタビュー会場に最適なバックボードと言えます。デザインも必ず格子柄でないということもなく白地に複数のロゴマークを並べたデザインもよくお作りするデザインです。

デザイン案でお困りの場合はぜひお気軽にサインモールにご相談ください。デザイン作りもお手伝いさせていただきます。

設営時間が短いロケーションにも。

バックパネルは組み立て式で持ち運びができるので短時間しか設置しないインタビュー会場にも最適です。骨組みを組み立てたり、簡単なものですと引っ張るだけで本体を2m以上に展開できるのでパパッと設営して、インタビューが終わればささっと撤収できるのも設営に時間を掛けられないインタビュー会場・記者会見ステージで重宝される人気の理由です。

背景幕

背景幕

バックパネルは宣伝用だけとは限りません。簡単に設置ができて表示内容を大きく掲示できるバックパネルは背景幕としても人気があります。クロマキーではないですが写真撮影用の背景ビジュアルとして自然や町並みの写真を大きく出力すれば背景幕としてご利用いただけます。

パーテーションとしてのバックパネル

背景幕としてだけではなくパーテーションとして空間を仕切るのにもバックパネルが活用されています。

バックパネルの中には両面表示が出来るものや軽量で省スペースにも設置可能なものもありますし、通常のパーテーションでは青や赤などの単色ですが、バックパネルの場合フルカラーで出力が可能なので風景写真を大きく印刷すればただ単に間仕切りをするパーテーション以上、オフィスや施設の雰囲気を癒したり明るくしたすることが可能です。

印刷幕は後から交換することが可能なので四季を通じて写真を変えたり、イベントやスケジュールに合わせて内容を変えてみるのも飽きがこなくて良いかと思います。写真を前面に配置するレイアウトであれば写真1枚お送りいただければサインモールでもデザイン案をお作りさせていただきます。デザイン案が不慣れな方もお気軽にお問い合わせください。ぜひ背景幕にバックパネルをご活用ください。

フォトスポット

フォトスポット

イベントやコンサート、観光地や飲食店でも最近は写真をSNSにアップするのが流行っています。

そんな撮影スポットの設置にもバックパネルが活躍します。

SNS拡散の起爆剤に。

2m以上の大きな背景幕が作れるバックパネルはその前に複数の人が立っても十分なスペースがあります。来店・来場されるお客様が記念撮影ができるフォトスポットを用意すればSNSなどでのPR・拡散に一役買うことができます。

表示面は大型インクジェットプリンターでフルカラーを印刷できるので文字やイラストはもちろん、写真などのグラフィックも大きくそのまま表現することができます。アイディア次第で等身大の人物やキャラクターを印刷したり、トリックアートなどの面白いデザインが可能です。

バックパネルは組み立て式で使用しない時には省スペースで保管できるので場所を取りません。イベント会場や特設コーナーに持ち込んでその場で簡単に設置ができるので手間がかかりません。

インスタグラムやフェイスブックなどSNSを巻き込んでイベントを盛り上げることができるフォトスポットをぜひバックパネルで製作してみませんか。サインモールではデータ入稿はもちろん、デザイン製作から承っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

結婚式場

結婚式場

バックパネルと言えばインタビューや展示会など企業向けかと思われがちですが、実は結婚式場でもとっても人気があるんです。

大きなウエルカムボード

招待したゲストの方々に感謝の気持ちを込めた2mを超える大型のウエルカムボードを結婚式場・披露宴会場などに設置すればフォトスポットに早変わります。一生に一度の晴れ舞台をバックパネルが大いに盛り上げます。

バックパネル什器本体には様々な価格バリエーションがあるので安価なものだと1万円以下のアイテムもあります。(※印刷費別途)コストを抑えながらも一生に一度の思い出を大きくダイナミックにお作りいただけます。結婚式で人気のバックパネルのデザインは記者会見風の格子柄や新郎新婦の写真を大きく配置したレイアウトが人気です。

サインモールではバックパネルをデザイン案の製作から行っておりますので結婚式の準備で忙しくてそこまで手が回らないという場合でもお客様に変わってデザイン案をお作りいたします。(※デザイン費別途)最大限の「ウエルカム」を形にしたバックパネルでゲストの皆様をお迎えしませんか。サインモールがお手伝いさせていただきます。


バックパネルの製作ならサインモールにお任せください!

サインモールではバックパネル什器の販売や表示内容の印刷はもちろん、デザイン製作も承っております。

バックパネルはとても大きな表示ができる看板なので実際の出力された際の見え方に不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、 サインモールでは印刷前のデザインデータのチェックは無料で行っておりますので初めてデザインデータを製作される方でも安心してご利用いただけます。

もちろん、「デザインから依頼したい!」というお客様も大歓迎です。特に格子柄のレイアウトの場合、入れたいロゴデータをお送りいただければプロのデザイナーがデザインを作成させていただきます。

デザイン内容や納期などご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

About The Author

株式会社サインモール システム事業部 渡辺浩平
株式会社サインモール システム事業部 渡辺浩平

看板は「商売繁盛」の、標識は「安全な環境」への案内役。看板やのぼり旗、安全標識の種類の紹介や、豆知識やノウハウなど専門店ならではの情報をお届けしていきます。


こんな記事もございます。