ロールアップで手間いらず!バナースタンドのニュータイプ、巻き取り式とは

巻き取り型(ロールアップ)バナースタンド

今回は、看板カテゴリの中から、バナースタンド看板のひとつ、巻き取り式バナースタンドについて取り上げていきます。 前回までに、「タペストリータイプ」、「ハトメ(鳩目)タイプ」を取り上げてきましたが、今回紹介するロールアップの巻き取り式は、バナースタンドの進化系製品です。


ロールアップ・巻き取り式バナースタンド

巻き取り式のバナースタンド(別名:プルアップバナースタンド)は、スタンド本体の土台部分に収納した出力バナーを引き出して固定するタイプのバナースタンドです。

特徴・メリット

巻き取りのバナースタンドの特徴は何と言ってもバナーを本体下部に収納して、展示の際には、下から引き出すだけの簡単さにあります。

バナー本体の価格は他のタペストリー型、ハトメ型に比べれば割高にはなりますが、 価格に見合った十分な魅力があります。


出力バナーを本体に内蔵できる

表示内容が固定で頻繁に展示会やセミナー会場を回る場合など、出力バナーとスタンド本体をばらして梱包する必要がない点は重宝されます。様々ディスプレイ部材が搬入される展示会でのブース作りでは荷物の紛失が発生することがあります。

「バナースタンド本体が届いているのに出力バナーが見当たらない」などは実際にある話です。他の形状のバナースタンドでも本体と出力バナーを同梱することは可能ですが、分解する際に一旦取り外す必要があるので、置き忘れ、入れ忘れがないように注意する必要があります。

また、複数の異なるバナースタンドを使用する場合、どの出力バナーがどのスタンドに合うのかを確認する必要があります。誤ったサイズのバナーを取り付けようとすると過度にテンションが張りすぎてバナーが破けたり、本体の故障につながることもあります。

その点、ロールアップの巻き取り式バナースタンドは出力メディアをスタンド本体に収納できるので、入れ忘れや付け間違いなどの心配がありません。
事前にセットして会場に搬送すれば現地で本体とバナーを探す手間なく、確実に、スムーズにディスプレイすることができます。


設置が簡単

ハトメ型のバナースタンドなどは四編のハトメ箇所でテンションを張るので、本体部品をハトメの穴に入れる作業は、ある程度力がないとスタンド本体とハトメを近づけることができず、うまくバナーを取り付けることができません。

その点、巻き取り式バナースタンドは、引き出す際もさほど力は必要ないので女性の方でも簡単にお一人で設営することができます。

一番最初に、バナーと本体をセットしてしまえば、設置が1番簡単なバナースタンドと言えます。

時間のない展示会やセミナー会場、企業説明会などの会場設営では、手間のかからない巻き取り式のバナースタンドのシンプルさが重宝されます。


壁面に寄せられます

タペストリー、ハトメなどの他の形状のバナースタンドは自立するために後方に支えの足が付いています。 一方、ロールアップの巻き取り式バナースタンドは(一部の商品には足がついていますが)一般的に後方の支えの足が付いていなかったり、短いものが多いです。

これは本体土台部分がバナーを収納する仕様になっているので他のバナーに比べ大きく、安定感があるために、長い支えの足が不要になるからです。

なので、壁にピッタリつける事はできませんが、壁面に寄せてディスプレイすることは可能です。スペースの限られている展示会ブースなどではバナーディスプレイの後ろにデッドスペースを作りたくないので、なるべく壁面に寄せたい場合などにも巻き取り式のバナースタンドが最適です。

また、土台部分がしっかりしていて、見た目にも高級感があるのでショールームや店舗などでも、常設のディスプレイとしても利用されています


いかがでしたでしょうか。

今回はロールアップ式の巻き取り型バナースタンドについて取り上げました。

以前は高価なバナースタンドと言ったイメージでしたが、最近ではロープライスな製品も多数登場してきているので、巻き取り式へのハードルが低くなってきており、積極的に利用されるお客様も増えてきています。

何より、一度セットしてしまえばその後の設営が楽なので一度使うと手放せなくなる機能性バナースタンドです。
まだ使用されたことのないお客様も一度試されてみてはいかがでしょうか。

最後に、本日紹介した巻き取り式へのバナースタンドの代表的な商品をご紹介致します。

ぜひ、巻き取り式の便利さを実感してください。